門まわり

門まわりは、おもてなしの心を表す『住まいの顔』

表札を掲げる。手紙を受け取る。ゲストを迎える。家族を毎朝送り出す。
さまざまな生活シーンで登場する門まわりは、まさに住まいの顔といっても過言ではありません。

門は敷地の内外をつなぐ出入り口としての機能だけでなく、建物との調和や街の景観を十分に考慮した設計が重要です。
主な構成要素としては、門柱・門扉・門灯・ポスト・インターホン・表札・舗装・植栽・花壇などがあります。

□ 門柱


オープンタイプの外構が主流になってきている現代では、区切らない門柱が人気です。
素材は、レンガ造り・タイル門柱・コンクリート打ち門柱・コンクリートブロック・塗り壁仕上げ(左官仕上げ)・レンガ積み・タイル貼り・石貼り・アルミ製品・土間コンなど、さまざま。
設計する際は、門扉・住宅の外壁、門まわりの地面、囲いのデザインと調和させることが重要です。

□ 門扉


シンプル・スタイリッシュ・モダンなどのデザイン性はもちろん、クローズドタイプ・オープンタイプでも仕上がりは変わります。
頻繁に開閉する門扉は、使い勝手がよく、耐久性のあるものを選びましょう。
開閉のタイプは大きく分けて5種類。開き戸・折り戸・引き戸・伸縮戸・跳ね上げ戸など、家族構成や生活スタイルに合わせて提案いたします。

一覧ページに戻る